株式会社ケイズエアシステム

ブログ

空調設備の仕事が向いている人の5つの特徴

 

こんにちは、株式会社ケイズエアシステムスタッフです。

今回の記事では、

空調設備の仕事に向いている人はどんな人?

ということで、空調設備工事向きの方の特徴を5つ、ご紹介したいと思います。

あなたは少なからず空調設備の仕事に興味がありこの記事を読んでいるんだと思いますが、
今回お話しする「向いている人の5つの特徴」に一つでも当てはまっている場合は、
ぜひ空調設備の仕事を始めてみることをおすすめします。

1つでも当てはまっていれば、楽しみながら仕事をしていける可能性がかなり高いので。

やはり自分に合った、楽しい仕事をしていくのが何よりも大事なので、ぜひ参考にしてみてください!

 

空調設備向きの人の特徴1:プラモデルが好き

1つ目の空調設備の仕事が向いている人の特徴としては、
プラモデルが好き」ということが挙げられます。

空調設備の仕事というのは、まさにプラモデルのような側面が実はあるんですね。

空調設備はエアコンを取り付ける前に配管をまずはしていくのですが、その配管を天井にどういうルートで綺麗に配置していくか考えるのは、プラモデルのような考え方が必要になってきます。

今ある材料を適切に組み上げていくことで1つの作品を作り上げる。
それが綺麗に出来上がったときは本当にうれしい気持ちになるし、また新しい作品を作りたいという気持ちにもなってきます。

プラモデルなど、決まった部品を組み上げていって1つの作品を作るのが好き、という方は間違いなく空調設備の仕事は向いていますね。

 

空調設備向きの人の特徴2:会社勤めが合わない

通常の会社勤めをするとなると、オフィスに勤務するということがほとんどになってきます。
ただオフィスというのは、独特の「雰囲気」があったりします。

ビルの1つのフロアにデスクがズラって並んでいて、それぞれにパソコンや電話が設置されていて、各々自分のデスクに座って仕事をこなしていく。

そういった光景に対して違和感を覚えてしまう、という人も多いと思います。
学校の教室で授業を受けている時のような、そんな「堅苦しさ」「息苦しさ」を感じられるような光景でもあるんですよね、オフィスの中というのは。

また常に隣のデスクに人が座っていたり、やり取りが聞こえてきたりしてデスクにいる際は心が落ち着かなかったりします。

 

一方で空調設備の仕事というのは、基本的に現場での作業となるのでオフィスのような空間で仕事をすることは少ないです。
現場が終わった後に少し書類を作成するのに会社に寄る、という程度ですね。

現場は立ち仕事が基本となり、ある意味で常に新鮮な気持ちで仕事をすることができます。
デスクワークだとどうしても座りっぱなしになってしまいますが、現場仕事だと仕事自体が運動代わりになるので気持ちが落ち込むということがあまりありません。

決まった空間に毎日通って閉じ込められるのが苦手、という方は空調設備の仕事は合っていると思います。

その現場が終わればまた別の施設などの現場に行くことになるので、そういう面では色々な場所に出勤が出来て楽しさはありますね。

 

空調設備向きの人の特徴3:黙々と作業するのが好き

空調設備の仕事内容についてはこちらの記事でも詳しく触れているのですが、

⇒ 施設の空調設備工事の現場ではどういう作業をしていくの?

配管を曲げて溶接していったり、エアコンを設置していくということをしていくので、「手元作業」が非常に多くなってきます。

自分が任された箇所の作業を黙々とこなしていく、ということが多いので、「作業に没頭できる人」は空調設備の仕事は向いていると思います。

逆に人とコミュニケーションを取るのが好きだったり、営業などの仕事が好き、という場合はもしかしたら空調設備の仕事は向いていないかもしれません。

コミュニケーションを取るのが正直あまり好きではない、黙々と作業をするのが好き、という方には向いていると思いますね。

 

空調設備向きの人の特徴4:身体を動かすのが好き

上の方でも少し触れましたが、空調設備の仕事はエアコンなどを持って運んだり、配管を設置していくということで身体を動かす機会が多くなってきます。

なので「運動するのが趣味」、「身体を動かしていないとなんだか気持ちが落ち着かない」という方は空調設備の仕事はかなり合っていると思います。

また土木工事のようにそこまでハードな作業は少ないので、身体への負担も大きくはありません。長い期間続けられるくらいの運動量ですね。年齢を重ねても、継続して行える仕事内容となっています。

デスクワークのように1か所に留まって仕事をしていくのが向いている人もいれば、
空調設備の仕事のような身体を動かす機会が多い仕事が向いている人もいます。

あなたがもし後者なのであれば、空調設備の仕事はオススメですね。

 

空調設備向きの人の特徴5:仲間とものを作り上げるのが好き

空調設備の仕事は、1つの場所において役割分担をすることで作業を進めていきます。そして一人一人の作業が進展していくことで始めて現場の仕事を終えることが出来る。

なので、「仲間と協力して仕事を進めていく」という側面もあるんです。
自分の作業が終わっても他の個所の作業が終わっていなければ、現場自体は終わらないわけですからね。
自分の作業にゆとりが出てきたら他の人の作業を手伝う、そういう助け合いをしていくことで現場もスムーズに進捗していきます。

完全に1人で仕事をするのではなくて、

・人と何かを協力して達成するのが好き
・信頼できる仲間作りをしたい

という方には空調設備の仕事はまさにうってつけだと思いますね。

 

空調設備の仕事は未経験だけど大丈夫?

今回お話しした特徴にはいくつか当てはまっているんだけど、

でも、自分は完全未経験だからなあ・・・
現場仕事はしたことないからなあ・・・

と不安に感じている方もいるかもしれませんが、弊社では未経験の方に向けた講習会を随時行っています。

講習会では配管の曲げ方や溶接方法などをお教えしていますね。
溶接に関する資格を今後取得していくことで、幅広い仕事をこなせるようにもなっていくし、年収アップも期待できます。

 

弊社は現在求人強化中です!

もし少しでも空調設備の仕事にご興味がある方はまず下記のバナーからぜひお問い合わせください。

未経験の場合は最初は1日1万円の支給となっていますが、経験を積み重ねていくうちに年収700万円以上を狙うことも可能です。

今回お話しした特徴にいくつか当てはまっている、という方は空調設備の仕事を楽しくこなせると思うので、まずはお気軽にお問い合わせください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)