株式会社ケイズエアシステム

現場

施設の空調設備工事の現場ではどういう作業をしていくの?

こんにちは、株式会社ケイズエアシステムスタッフです。

今回の記事では、

施設の空調設備の現場ではどのようなことをするのか?

ということを具体的にお話ししていきたいと思います。

以前の記事では空調設備工事全体のご説明をしたのですが、

⇒ 空調設備の現場ってどんなことをするの?初心者の方へ向けて解説!

今回は「施設の空調設備の現場」についてさらに具体的にお送りしていきます。

これから空調設備の仕事を始めてみたい!
空調設備の仕事に今少し興味がある!

という場合は施設の仕事も多くなってくると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそも施設の現場とはどういうところを指すのか?

施設の空調設備工事と聞くと、
施設ってどんなところに行くの?
と思われるかもしれませんが、

あらゆる施設と呼ばれる屋内には、まず間違いなく「空調設備」というものはありますよね。

ショッピングセンター、スーパー、学校、病院、老人ホーム、倉庫などなど。
あらゆる施設には空調設備が備えられています。

そういった施設に赴いて、空調設備の工事を行っていきます。
色々な施設に行くことが出来るので、かなり新鮮かもしれません。同じ場所でずっと作業をするよりも、色々な場所に行けた方が飽きずに仕事をしていくことができますね。

 

新築施設の空調設備工事

施設の空調設備工事には大きく2つに分けられます。

・新築施設の現場

・施設の改修工事の現場

この2つです。

 

新築施設の現場ではどういうことをするかというと、
エアコンを取り付けるための準備から行っていきます。

エアコンを取り付けるには「配管」が必要になるのですが、その配管を配置することがメインの仕事に実はなってくるんですね。

空調設備工事はエアコンを取り付けるようなイメージが強く、「電気屋」「機械屋」みたいなイメージを持たれる方が多いと思うのですが、施設の新築工事においてはそういった配管を作っていく配管工のような仕事が多いんです。

配管というのは室外機と室内機を繋ぐ、ガスや空気が流れるパイプの事です。エアコンを設置するには、その施設の形状に合うようにパイプを繋いでいく必要があります。

配管を繋いでいく際に、パイプを切断したり、施設の形状に合わせて曲げていったり、パイプ同士をつなぐ「溶接」をしていきます。

え、でもなんか配管ってなんかすごい難しそう・・・

と配管の作業をしたことが無い方は思われるかもしれませんが、弊社ケイズエアシステムの場合は配管についての講習などを随時行っているので、初心者でも安心して働き始めることができます。

今は人手不足な会社が多く、そういったフォローはちゃんとしている場合が多いので、技術については心配する必要がありません。
いきなり技術を持った人などはいなくて、今どれだけ活躍されている方でも少しずつ技術を磨いてきた結果が”今”ですからね。

技術は少しずつ、身に着けていけば良いものなので、初心者の方でも始めるのは全く問題ありません。

 

施設の空調設備の改修工事の現場

新築工事の場合は内装自体がまっさらな状態のため配管もしていく必要があるのですが、
改修工事の場合は既にある配管を再利用して行うことがほとんどです。

どうしても配管を移動したり更新する必要がある、という場合に適宜配管工事、「盛替え工事」とも呼びますが、をすることもある、という感じですね。

なので仕事内容自体は、改修工事の方がシンプルかもしれません。エアコンを付け替えるだけの場合が多くなってくるので。

室外機には「フロンガス」が使用されていますが、フロンガスを扱うには専用の「資格」が必要になってくるんですね。
扱いを誤ってフロンガスを噴出させてしまったら環境破壊につながってしまうため、慎重に扱う必要があります。

古い室外機を取り外す際はまず専門の機材を使い内部のフロンガスを吸い取り、その後に専門の業者に破棄をお願いする、という流れとなってきます。

 

施設の現場の方が圧倒的に多い

空調設備工事には施設工事のほかに「個人宅」の工事を行うこともあります。
エアコンの掃除や取り付け、取り換えなどですね。

近年猛暑などの影響で個人が空調工事の依頼をする、というイメージが増えてきていますが、
弊社に関しては「施設工事の方が圧倒的に割合としては多いです

95%ほどが、施設の現場となっています。

それに伴って、配管工の作業をすることが多くなってきます。改修工事の場合でも、多少は配管の工事が伴ってくることがありますからね。

未経験の状態で入ると、配管工というのはやはりかなり難しいイメージがあると思うんですね。
実際私も、配管工と聞いてやはり難しそうなイメージがありました。

溶接とか、難しそうだなあ・・・
うまく配管を配置していくのって難しそうだ・・・

と。

ただ安心してもらいたいのは、上の方でもお話ししましたが配管についての講習を弊社では随時行っています。
また先輩の職人さんに色々と質問をしていけば、優しく教えてくれます。

完全未経験のまま、「じゃあこの作業やって」と現場で難しい作業をいきなりやらされるといったことは一切ないので、空調設備工事に少しでも興味があるという方は、ぜひ空調設備の仕事を始めてみることをおすすめします。

もちろん、色々覚えることも多いと思いますが、覚えていく中で自分がやれることも増えていき、面白味もどんどん出てきますからね。

 

株式会社ケイズエアシステムでは現在求人強化中!

主に20~40代の職人さんたちが活躍中です。

未経験でも講習などをしっかり受けられるので安心して仕事を始められます。

まずは下記のバナーから、お気軽にお申し込みください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)