株式会社ケイズエアシステム

ブログ

エアコン設置工事はどういうことをしていくの?【家庭用と業務用の違い】

 

こんにちは、八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムです。

今回の記事では、

エアコン設置工事とはどういうことをしていくのか?

ということでお話ししていきます。

エアコンと聞くと「家庭用のエアコン」を真っ先に思い浮かべる方が多いかもしれませんが、設置工事には大きく分けて「2つ」の種類があります。

家庭用エアコンの設置工事と業務用エアコンの設置工事

この2つですね。

エアコン設置工事に興味がある、という場合はぜひ参考にしてみてください。

 

家庭用エアコンの設置工事

家庭用エアコンは今やどの家庭にも付いていますよね。ついてない家庭はもはやかなり珍しいんじゃないかなと思うのですが。

家庭用エアコンは大きく分けて

室内機

室外機

・「配管

この3つで構成されています。

エアコンに詳しくないと「室内機だけが重要なんじゃない?」という風に思ってしまいがちなんですけど、配管と室外機なしにエアコンは成り立ちません。

室内機、そして室外機両方で空気の出し入れを行うことでエアコンの効果を発揮することができます。
室内に充満している「熱」をエアコンが取り出して、その熱を室外機から排出する。

その際に配管を行き来するんですけど、配管には「冷媒(フロンガス)」が充填されていて、フロンガスが空気中の「熱」を運び出すことで室内の空気を冷やしていきます。
エアコンは冷たい空気を部屋の中に放出しているのではなくて、部屋の空気から熱を取り出して部屋の温度を下げている、という感じなんです。

その辺りに関しては下の記事で詳しくお話ししているので、興味がある場合はぜひ読んでみてください。

【関連記事】
エアコンの仕組みについて。冷房や暖房ってどういう風に行われてるの?

 

家庭用エアコンの設置工事はその室内機、室外機、配管の3つの設置を行う、という感じですよね。

家庭用の場合はコンセントにそのままプラグを差し込むだけで良かったり、室内機と室外機の距離も短いので配管も長くなることはありません。なので業務用エアコンに比べて作業はかなり単純で、作業量も少なくなってきますね。

 

業務用エアコンの設置工事

そして業務用エアコンの設置工事。

そもそも業務用エアコンというのは、スーパーやコンビニ、学校やオフィスなどの天井に埋め込まれている「4方向から風を送り込むタイプ」のものですね。

ちなみに弊社では、エアコン設置工事の9割方はこの業務用エアコンの設置工事になります。

 

仕組みとしては家庭用エアコンと同じですが、大きく違ってくるのは「配管の長さ」です。

多くの場合、施設は室外機が「屋上」に設置されているので、その室外機とを繋ぐ配管が家庭用に比べてかなり長くなってきます。
なので、業務用の場合はエアコン設置よりも「配管の設置の方がメイン」と言えるかもしれません。作業量の比重が配管はかなり大きいんですね。

配管は施設のフロアの天井部分に張り巡らしていくわけですが、その際に配管を「曲げたり繋げる必要性」が出てきます。天井には電源の配線やLAN配線など、様々なケーブルがあるため、他の配線との干渉を考えながら配管していく必要がありますね。

配管は基本的に銅でできているため、曲げたり繋げるには「溶接」をする必要があります。長さも長くなってくるので、溶接がかなり業務用エアコンの設置工事では重要になってきます。

この溶接の作業をするには免許が必要で、エアコン設置工事の仕事をするには必須と言っても良い資格になりますね。

 

そして、業務用エアコンの場合は家庭用のように電源はプラグに直接差し込むのではなくて、「端子台」というものに配線を繋ぐ必要があります。その際に「電気工事士」の資格が必要になるというのも、家庭用エアコンの設置工事との大きな違いです。

基本的には家庭用と業務用エアコンの仕組みは同じなんですが、作業内容が難しい家庭用エアコンの発展版が「業務用エアコンの設置工事」というイメージですね。

【関連記事】
エアコン取付の仕事で必須の資格「5つ」をご紹介します【給料アップにもつながる】

 

エアコン設置工事に興味がある場合は業務用がオススメ

あなたは今もしかしたら、「エアコンの設置工事」というものに興味があって仕事を始めようと思われているかもしれませんが、もしそういった場合は家庭用エアコンの設置工事から始めるよりも「業務用エアコンの設置工事から始められることを強くおすすめします」。

よくエアコン関連のホームページなどで、

「家庭用エアコンの方が仕組みが単純なため、初心者はまず家庭用エアコンの仕事から始めて、それから業務用エアコンの設置工事を始めるのが良いですよ」

ということが言われています。

確かに家庭用エアコンの設置工事の方が初心者にはやりやすいかもしれませんが、最初に家庭用から始めてしまうと「家庭用エアコンが基準」となってしまい、いつまで経っても業務用エアコンの設置工事ができるようにはならないんです。

家庭用で使うものと業務用で使う道具で違うものもあるので(一部流用可能なものもありますが、できないものもあります)、最初から業務用から始めた方が単純に「楽」なんですね。

知識が無い状態で業務用エアコンの設置工事について学べば、それが自分の中での基準となるので家庭用エアコン設置工事も自然とできるようになります。

もしエアコン設置工事の仕事を始められる場合は、施設の業務用エアコンの仕事から始めると、その後の仕事のできる幅も広がるのでおすすめです。

 

エアコン設置工事の面白さ

エアコン設置工事というのは、今あるパーツをいかにその現場に合った形で組み合わせていくのを考えるのかが非常に面白いんです。
現場によって構造などは違ってくるわけですけど、そこをどううまく配管を通して設置するか考えるというのは、まさに「プラモデル」みたいなイメージなんですよね。

エアコン設置工事はプラモデルであったりとか、「何かを組み立てるのが好き」「仕事で工夫を凝らすのが好き」という場合には非常に合っているんじゃないかと思います。

そこに少しでも当てはまるという場合は、ぜひエアコン設置工事の仕事を始めてみると、楽しみながら働けると思いますね。

やっぱり自分に合った仕事をするというのが一番幸せなことですからね。

 

ケイズエアシステムでは職人さん募集中!

八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムでは現在業務拡大に伴い現場で働いてくださる職人さんを募集しています。

経験者はもちろん所有資格や経験年数によって優遇しますし、未経験者の方も大歓迎です!

随時講習会なども開催しているので、しっかり学んでから現場に入ることができます。

少しでもエアコン設置工事に興味がある!という方はまずは下記バナーからお気軽にお問い合わせください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)