株式会社ケイズエアシステム

ブログ, 空調設備

エアコン取り付けの自営業者になるために必要なことは?【心構えもお話しします】

エアコン取り付けの自営業者になるために必要なことは?【心構えもお話しします】

 

こんにちは、八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムです。

エアコン取り付けの仕事をする中で、「自営業者として働きたい!」と感じている方もいると思います。

もう今からでも自営業者になりたい!と思っているのか、もっとしっかり経験を積んでから自営として働きたいと考えているのか、という部分は人によって変わってくるとは思うのですが。

そこで今回の記事では、

エアコン取り付けの仕事で自営業者になるにはどうすれば良いのか?

自営業になる上での心構えは?

ということでお話ししていきます。

色々と用意したり考えることはありますが、やはり一番大事なのは「熱意」ですよね。
それさえあれば自営になってうまくいかせることは絶対にできます。

 

エアコン取り付け自営業者になるのに必要なもの

エアコン取り付けの自営業者、個人事業主として働くために必須なものがいくつかあります。

こちらでその必須なものについてまず触れていきたいと思います。

1:車

まず絶対的に必要なのが「」ですね。

おそらく既に自分の仕事用の車を保有しているという方も多いと思うのですが、個人で所有していない場合はまず最優先で用意したいです。

使う車については「ハイエース」や「キャラバン」など、現場でよく使われるもので大丈夫です。

車さえあれば、個人事業主としていろいろな現場に行くということもできるようになるので、こちらは絶対に必要です。
今後会社を大きくするようなことがあり従業員が増えていくにつれ、さらに保有車を増やしていく、というような流れですね。

2:事務所

事務所はいきなり立派なところを借りる必要はなくて、「自分の部屋」で必要十分です。
電話の受け答えや書類作成などの最低限の業務ができれば、とりあえずは大丈夫ですね。

なるべくなら家賃などの固定費は抑えたい部分なので、立派なオフィスを最初に構える必要はありません。

ただ中には「生活スペースと働く場所は完全に分けたい!」という方もいると思うので、そういう時はアパートの一室を借りてみるなどすると良いと思います。その際にもやはり家賃には気をつけたいです。

そして自営業者として軌道に乗り始めたら、働きやすい環境を作るために少し良いところを借りる、ということをすると良いかもしれません。

3:管工事の建設業許可証

エアコン取り付けの自営業者として働くには「管工事の建設業許可証」が必要になってきます。

管工事建設業許可証を取得するためには、以下の2つの条件が必要になります。

・必要な資格を保有している、”専任技術者になれる人
・法人の役員などを5年以上務めた経験を持つ”経営業務の管理責任者

この2つの条件を満たせる人物が必要です。

専任技術者になるには「1級、2級管工事施工管理技士」の資格があればなれるので、こちらは自分で取得しておくのが一番早いと思いますね。自営業者を志す段階では経験年数も重ねていると思うので、比較的すぐに資格は取れるはずです。

後者の方は自分自身で兼ねることもできますが、そういった経験を持つ人を雇ってもいいかもしれません。そこは今のあなたの状況によって判断、というところだと思いますね。

車、事務所、建設業許可、これらがあればひとまず自営業者、個人事業主とエアコン取り付けの仕事ができるようになります。

そしてここからは、自営業者、個人事業主になる上での心構えについて触れていきたいと思います。

 

「どういうところを目指すか」をまず明確にする

自営業者として働けるようになったとして、事前にぜひ決めておきたいのが

自営業者としてどのあたりを目指すか?

というところなんです。

エアコン取り付け業者といっても本当に様々な会社があります。

個人宅での家庭用エアコンの取り付け仕事を主に請け負うところもあれば、
施設の業務用エアコンの取り付けを請け負う会社、
取り付けの他にも保守点検、修理も担当する会社など。

会社の経営の仕方というのはエアコン関連と一口に言っても多くあります。
そこを曖昧にしておくとどうしても仕事が「ぶれてしまう」恐れがあり、仕事の依頼が来なくなってしまうかもしれません。

 

なのでまずは「専門性を高める」ということが大切ですね。
家庭用なら家庭用、業務用なら業務用に専念をしてそこで評判を得ることから始める。

そして仕事がある程度安定して舞い込むようになったら、少し幅を広げて別の仕事も担当するようにする、ということが重要です。

この部分は正直個人個人で様々な意見があるところだと思いますが、ある程度「特化」した方が依頼する側も依頼がしやすくなるので、そこから評価を得ていくのが確実なのではないかと考えます。

 

熱意を持ってやる

これは精神論になってしまうかもしれませんが、エアコン取り付けの自営業者になる上で仕事に常に「熱意を持って取り組む」ということはやはり大事ですね。

熱意がないとどうしても仕事も適当になってしまったり、手を抜いてしまうということがどうしても起きてくることがあります。

熱意があるからこそ、仕事にも一生懸命取り組むことができるし、お客様に満足もしていただけますよね。
そうすれば業界での評判も徐々に良くなっていき、仕事も舞い込むようになっていきます。

 

そして自分が熱意を持ってやっていれば、同じ「熱意のある人」が集まってくるんです。

従業員を雇うにしても、やはり熱意のある人材を雇った方が会社にも利益は大きいですよね。

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、あれは事実の部分も大きくて、やはり自分と似た気質を持った人が自分の元に集まってくるんですよね。

なのでまずはとにかく「熱意を持って仕事をする」ということが大切です。
自営業者になりたいと思う時点で熱意は間違いなくあるとは思うんですけどね。

 

ケイズエアシステムでは自営業者になるためのサポートも行っています

八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムでは従業員の方へ、「自営業者として仕事をしたい!」「個人事業主として独立したい!」という方へ向けて支援を行なっています。

1級、2級管工事施工管理技士といった資格を弊社の経費で取得することができたり、顧客を安定的に確保し、売上を爆発的に伸ばしていくための営業、経営ノウハウや施工ノウハウも余すところなくお教えしているので、

「将来的に自営になることを考えている」

「近いうちに個人事業主になりたいけど、今の環境じゃちょっと難しいかな・・・」

という方は、ぜひケイズエアシステムでまずは一緒に働きましょう!
あなたがスムーズに独立するためのサポートをさせていただいているので。

ご興味がある方は、下記求人バナーからお気軽にお問い合わせください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)