株式会社ケイズエアシステム

ブログ, 現場, ...

エアコン取付の仕事で必須の資格「5つ」をご紹介します【給料アップにもつながる】

 

こんにちは、八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムです。

エアコン取付の仕事をする中で、資格を取得しておくことは多くのメリットがあります。

資格を取ればできる仕事の幅が広がっていくし、給料にも直結してきますからね。

多くの会社では「特別手当」というものがあり、エアコン取付工事に関する資格を持っていると給料に上澄みされて年収も増やすことができます。

 

じゃあどんな資格を取るのがいいの?

という疑問も当然出てくると思いますので、今回の記事では

エアコン取付の資格はどのようなものを取ればいいのか?

ということでお話ししていきたいと思います。

エアコン取付工事をする中で、非常に有利になってくる「必須」とも言える資格がいくつかあるんですね。
それらの資格を取得しておくことで、会社をもし移る際もすぐに入社が決まったり、良い条件での入社もしやすくなってくるため、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

おすすめのエアコン取付に関する資格5つ

エアコン取付に関する資格は色々な種類がありますが、弊社が取得することをおすすめするのは以下の5つの資格です。

2種電気工事士

電気施工管理技士

ガス溶接

高所作業車

フロンガス取り扱い

それぞれ用途や必要になる理由など、1つずつ詳しくお話ししていきたいと思います。

 

2種電気工事士

2種電気工事士は電気に関する作業をする際に必要になる資格です。

例えば電源に関する配線であったり、アース施工、コンセントの設置などを行う際に必要になります。2種電気工事士を持っていないと配線に関する作業ができないので、できる仕事に限りが出てきてしまいます。

作業をする中でコンセントを設置するなどの作業が必要になることがあるので、電気工事士を取得しておくことで作業がストップすることなくスムーズに行うことができるようになりますね。

そして取得しておけば配線関連の作業が必須の現場なども任せてもらえるようになるので、ぜひ優先的に取得しておきたい資格です。

また電気工事士は「国家資格」なので、多くの場合手当があるため給料も増えていきます。

できる仕事の幅を広げる、給料アップを狙うという意味でもエアコン取り付けの仕事で必須と言える資格です。

 

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士の資格を持っていることで、その現場の「専任技術者」になることができます。

会社は現場を請け負う場合、専任技術者を1人必ず営業所に設置する必要があり、「建設業許可」を取得する際も専任技術者がいないと取得することができません。

簡単に言うと、電気施工管理技士の資格を持つ人は「会社にとって非常にいてくれると助かる存在」ということですね。

施工管理技士の資格を持っておくと、どの会社に行っても重宝されるような人材になることができるので、取得するのには「経験年数」が必要にはなってきますが、経験を積んでいく中でぜひ取得しておきたい資格です。

当然、良い条件で就職することができたり、手当も出るなど給料アップにも大きく繋がりますからね。

 

ガス溶接

ガス溶接の資格というのも、エアコン取付の仕事をしていく上で重要です。

エアコン、特に施設に設置する業務用エアコンの場合はエアコンと室外機の距離が離れているので、どうしても配管の距離が長くなります。
また施設の造形に合わせて配管を曲げたり繋げる必要があるため、「溶接」をする必要性が出てきます。

ガス溶接の資格を持っていないと、バーナーを使って配管を曲げたり繋ぐということができないので、どの現場にも必ず一人はこの資格を持っている人がいないと現場が成り立たなくなってきます。

この資格も持っていることで間違いなく重宝されるようになるし、給料アップにも繋がるので絶対に取得したい資格の一つです。

【関連記事】
エアコン取り付け工事とは何?どういうことをするのか

 

高所作業車

高所作業車も、例えば倉庫などの天井が高い現場を施工する場合に必要になってくる資格です。

高所作業車の場合は資格自体は講習を9時間ほど受ければ取得することができるので、時間があるときにぜひ取得しておきたい資格ですね。

 

フロンガス取り扱い

家庭用エアコンにはフロンガスは現在使われなくなってきていますが、業務用エアコンの室外機にはフロンガスが使われている場合があります。

室外機を撤去する場合は、まず中にあるフロンガスを吸引してから解体する必要がありますが、資格保有者がいないとその作業ができないため作業を進めることができないんです。

なのでフロンガス取り扱いも、エアコン取り付けの仕事をする上で必須になってくる資格と言えます。

 

資格があると有利になることが多い

ここまでご紹介してきた5つの資格に関しては、エアコン取り付けの仕事をする中で高確率で必要になることが考えられる資格で、収入アップにも繋がってくるためぜひ取得することをおすすめします。

資格を持っていないとどうしても「最低限」の作業しか任せてもらいにくくなるし、立場も非常に弱いものになってきてしまいます。

今回ご紹介した資格を取得しておくことで様々な現場を任されるようになり、間違いなく有利になる場面が多くなります。

特にガス溶接や高所作業車は「2日間ほど」
フロンガスも試験自体は「1日間」で取得することが可能ですからね。

また、会社によっては今回ご紹介した電気工事施工管理技士、電気工事士といった資格取得をサポートしてくれるところもあります。
弊社ケイズエアシステムでは、受験料などを含め資格取得を全面サポートしています。経験者、未経験者問わずサポートしますので、エアコン取付の仕事にご興味がある場合はぜひお問い合わせいただければ嬉しいですね。

 

ケイズエアシステムでは求人強化中!

八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムでは現在業務拡大に伴い現場で働いてくださる職人さんを募集しています。

経験者はもちろん、未経験者の方も大歓迎です。

資格取得のサポートも行っているので、これから電気工事士や施工管理技士の資格取得を考えている、という場合もぜひ入社していただければと思います。

アルバイトの方も募集していますので、まずは下記バナーからお気軽にお問い合わせください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)