株式会社ケイズエアシステム

ブログ

エアコン取り付けで開業(起業)するために必要になる「5つのもの」

 

こんにちは、八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムです。

あなたはエアコン取り付けの仕事で開業したい、もしくは将来的にはそういう方向性も考えている、という考えを持ってこの記事にたどり着いたんだと思いますが、
エアコン取り付けの仕事で開業する場合にぜひ事前に知っておきたいことがいくつかあるんですね。

そして実は比較的簡単に、開業自体はすることができるんです。

 

今回は、

エアコン取り付け工事の仕事で開業(起業)するために必要な5つのもの

ということでお話ししていきます。

従業員として働き続けることを考えている方も、働く中で考えが変わって「個人で開業したい!」と感じるようになることもあると思いますので、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

 

開業に必要なもの1:車

まず、エアコン取り付けの仕事で開業する上で絶対に用意しておきたいのが「」です。
仕事をしていく上では必須になってきますからね。

そして車さえあれば、他に細かい手続きや必要資格などはありますが個人で開業することが実はできます。
個人で仕事を受注して現場に向かう、「一人親方」的な働き方ができるようになりますね。

オススメの車としてはやはりハイエースキャラバンあたりです。

よくエアコン取り付けの仕事をしている方みなさん乗っている場合が多いですが、道具を多く載せることができるし、間違いなく使いやすいんですよね。

なので開業を目指す場合は、「自分の車両を所有する」ということがまずは必要になってきます。

 

開業に必要なもの2:道具

道具も一通り自分で揃える必要があります。

すでにエアコン取り付けの仕事をやられている場合は必要な道具は持っているかもしれませんが、足りないものがある場合は真っ先に用意したいですね。

カッターやスパナ、パイプカッターなどの腰道具であったり、電動工具類など。
現場で必要になる道具は自分で用意する必要があります。

今すでにエアコン取り付けの仕事をやっていてこれから開業を考えているという場合、道具は個人で所有しているものが多いかもしれませんが、中には会社から借りているものもあるかもしれません。

そういった会社から借りているものは退社時に返す必要があることが多いので、注意が必要ですね。
もしかしたら「そのまま使っていいよ」という会社もあるかもしれませんが、自分で用意する必要があると思っておいた方が確実です。

 

開業に必要なもの3:事務所

事務所も開業するには必要ですね。

ただ、いきなり立派なオフィスを構える必要はなくて、自身が住んでいる部屋を事務所にするという形でも全く問題ありません。
事務所に人を呼ぶようなことが多いのであれば、どこかに別で事務所を借りた方が良いかもしれませんが、現場に向かったり電話応対などをする程度であれば自室でも大丈夫ですね。

事務所を別で借りる場合も、そこまで立派な所を借りる必要はなくて、多少お客様対応ができるようなスペースを確保できる部屋で必要十分です。

事務所に関しては、仕事が順調になってきて従業員も増えてきたら少し大きな部屋を借りるかどうか考える、ということで良いと思いますね。

事務所は固定費も大きくなってきてしまうので、できるなら自室がやはりおすすめです。

 

開業に必要なもの4:資格、建設業許可証

エアコン取り付けの仕事で開業、起業する上でぜひ取得しておきたい資格というものがあります。

開業するためには「建設業許可証」が必要になってきますが、その許可証を取得するためには、

必要な資格を保有している、”専任技術者になれる人
法人の役員などを5年以上務めた経験を持つ”経営業務の管理責任者

この2つの役割を担える人が必要になってきます。

専任技術者になるには、「1級、2級管工事施工管理技士」の資格を持っていることなどが条件になります。これは自分自身が持っていればOKなので、開業する前にぜひ取得しておきたい資格です。

 

後者に関しては自分で補うことができればそれでも良いのですが、やはり一番早いのは「経験がある人を雇う」ということですね。

例えば自分はお客様対応や現場に行きつつ、さらに経理なども担当するとなると体がいくつあっても足りないような感じになってしまうので、その部分に関しては雇った方が仕事も効率的になるし結果的にプラスになる可能性が高いです。

建設業の許可証を取得して、車や事務所も用意できているのであれば開業、起業自体はいつでもできる状況になります。
ただ開業する前にぜひ意識しておきたいことがもう一つあります。

【関連記事】
エアコン取付の仕事で必須の資格「5つ」をご紹介します【給料アップにもつながる】

 

開業に必要なもの5:人脈や企業とのつながりを作っておく

事業を展開していく中で、かなり重要になってくるのが「営業」です。
持っている技術や仕事に自信があっても、肝心の営業ができないとそもそも現場仕事ができませんからね。

仕事を見つけるということもやはり大切になってきます。

 

そうするために一番確実なのは、「あらかじめ人脈や会社とのつながりを強めておく」ということ。
仕事をしっかりとこなしたり、コミュニケーションを取っていって開業する前に「信頼」を築いておくんです。

そうすればもし「近々開業しようと思ってるんです」ということを告げた場合、

この人なら仕事を任せても安心できる。開業するんなら仕事を振ってみよう

という風に思ってもらえることができて、自分から営業をあまりせずとも仕事を得ることができますよね。

 

営業は当てずっぽうでやっていっても成果を出すことは非常に難しくて、一番確実な方法は「相手から仕事を頼まれる状況を作る」ということです。

そういう状況を作るために最初に人脈やつながりがあれば、スタートアップの段階を乗り切ることができるし、そこでしっかりと仕事をこなせばまた仕事が舞い込むようにもなっていけます。
何もない状態でいきなり開業するよりも、「その先」がすごいスムーズになるんですね。

なのでできるなら、開業する前にそういう人脈などを構築しておくと、開業や起業をしても仕事がなくなるということが起きることはありません。

 

開業・起業は自分の可能性を大きく広げる

自分で事業を始めるとなると難しいイメージはありますが、仕事をしっかりとこなせる「責任感」であったり、「覚悟」を持って挑めるのならそこまでリスクも実はないんです。

そういう人には仕事も舞い込んでくるので、その信頼を維持できれば事業もうまくいきますね。

 

会社に属していれば確かに仕事は会社から用意してもらえるし、収入面でも安定はします。

ただもし自分の仕事に自信があったり、

自分で開業、起業して成功したい!

もっとこんな風に仕事がしていきたい!

という強い思いがあるのなら、開業してみることで従業員のままでは得られないレベルの報酬を得られるようになります。

そして個人で小規模で仕事を進めていく、ということでも良いし、
従業員を増やして会社の規模を大きくすることを目指す、ということでも良いですよね。

自分に合った働き方、生き方を選べる」というのが、金銭面以上に開業する大きなメリットになってきます。

 

ケイズエアシステムでは開業支援も行っています

八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムでは現在現場で働いてくださる職人様を募集しています。

開業を希望する方には「1級、2級管工事施工管理技士」の資格を取得するための援助や、売上を継続的に伸ばしていくためのノウハウなどもお教えしています。

将来的にエアコン取り付けで開業したい
まずはしっかりと技術を身に付けたい

という方はぜひまずはお気軽にお問い合わせください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)