株式会社ケイズエアシステム

ブログ

業務用エアコンの設置工事とは。どのようなことをしていくの?

こんにちは、八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムです。

弊社では主に「業務用エアコンの設置工事」を行なっているのですが、今回の記事では

業務用エアコンの設置工事はどのように行なっているのか?

ということについてお話ししていきたいと思います。

業務用エアコンの設置工事と聞かれても、正直ピンとこない人も多いと思うんですね。
(家庭用はわかるけど、業務用ってどんな風なんだろう?)という風に。

業務用エアコンの設置工事に興味がある!
業務用エアコンの仕事に今後就きたいと思っている

という方はぜひ参考にしてみてください。

 

そもそも「業務用エアコン」とは?

そもそも業務用エアコンとはどういうものかというと、下の画像のように、

天井に埋め込むような空調設備のことを言います。

病院やスーパーマーケット、コンビニ、ショッピングモール、警察署、郵便局などなど。

施設の各フロアの天井にはまず漏れなく「空調設備」というものがついており、その施設に設置するエアコンを業務用エアコンという風に呼びます。

 

家庭用のものは長方形のボックスのような形が主ですが、業務用の場合は正方形のものであることが多いですね。

家庭用の場合は壁に設置するため1つの方向に風を送り込めば良いですが、施設の場合は天井に設置する場合が多く、全方向に風を送り込む必要があるんです。
そういう施設の事情から、正方形で4方向から風を送り込むような仕組みになっています。

どこか出かける際はぜひ天井に目を向けてみてください。

(あ、こんなにエアコンって設置されてるんだな・・・)

と驚くくらい広いところだと何台も天井に設置されていたりします。

 

業務用エアコンの最大の特徴は「配管」

業務用エアコンの最大の特徴は何と言っても「配管」というものです。

業務用エアコンの設置工事において、かなりの比重を占めてくるのがこの配管になってきます。

家庭用エアコンの場合は室外機とエアコンの距離が近いため、長い配管が必要になることは少ないですが、業務用エアコンを設置する施設の場合は、室外機とエアコンの距離が離れている場合がほとんどです。

室外機は屋上に設置される場合が多く、エアコン自体も室内の中央や隅など様々なところに設置されるので、それに合わせて配管をしていく必要があります。

エアコンは、配管を通るガスで空気を冷やすことで冷房などを行なっていますが、そのガスを通すために配管をしていきます。
そこでもしミスなどがあった場合、大きな事故につながる恐れがあったり、フロンガスが漏れ出す恐れもあるので非常に気を使う部分なんですね。

 

そして施設によって天井の形状が違っていたり、既設線との兼ね合いもあったりして、配管を天井に設置していく際はよく考えて配管していく必要があります。

適当に配管していってしまうと、後々天井の別の工事をする際に配管が邪魔になったり、既設線を傷つけてしまう恐れもありますからね。

配管をする際はパイプを曲げたり溶接する必要も出てくるので、「ガス溶接免許」があった方ができる仕事の幅が増えて、業務用エアコンの設置工事の現場で多く活躍できるようになります。

溶接が必要になるというのも、家庭用と大きく違うポイントです。

 

業務用エアコン設置工事の楽しいポイント

そのように聞くと、

(家庭用エアコンよりすごい難しそう・・・)

みたいに感じられるかもしれませんが、確かに工程は家庭用よりも複雑な面はあります。

ですがそれ以上に「楽しさ」「やりがい」というのも大きいんですね。

 

例えばその施設に合った配管をしていくときというのは、「プラモデル」を組み立てるような楽しさがあります。

ここに配管を通して、ここを曲げるようにすれば綺麗にハマるぞ!

パーツを組み立てるように配管をしていく、という風に考えて仕事をすると、バッチリ配管が綺麗に決まった時にものすごい達成感が感じられます。

家庭用は複雑な配管をする必要がなく、確かに楽ではありますが、ただ室外機とエアコンを設置するだけなのでそこまで面白みはないんですね。

 

また上で少し触れましたが、「やりがい」も業務用エアコンの設置工事の場合は大きいです。

広い施設になると天井も広くなり、その分配管も長くなってくるし、設置するエアコンも増えてきます。

1つの現場にいる時間も必然的に長くなってきますが、その現場を終わらすことができた時の達成感は、家庭用エアコンの設置工事では絶対に感じることができないものなんですよね。

家庭用はどちらかというと「流れ作業」みたいなイメージですからね。
その日に一つの家の現場を終わらせて、また次の日は違う家のエアコンを設置する、というような感じになってくるので。

 

この記事を今読んでいる方で、もしかしたらこれから空調設備の現場で働きたい、と考えている方もいるかもしれませんが、その場合はぜひ「業務用エアコンの設置工事」から始めることを強く弊社ではおすすめします

その方が間違いなくプラスに働くことが多いので。
詳しくはこちらの記事でお話ししているので、ぜひ読んでみてください。
⇨ 【未経験者向け】家庭用エアコンと業務用エアコンどちらの仕事から始めればいいの?

 

業務用エアコン設置工事は良いトレーニングになると考える

業務用エアコンの設置工事は、室外機やエアコン、配管といった重いものを持ち運ぶ必要があったりと大変な部分はやはりあります。

ですが、こういう風に考えるとすごい楽しく施設の空調設備の仕事ができるようになるんですね。

お金をもらいながら、トレーニングジムに通っている

身体を鍛えるために多くの人はジムに通ってトレーニングを行いますが、業務用エアコンの仕事をしている人は無料で、しかも給料をもらいながら身体を鍛えることができるんです。

「それはさすがに屁理屈でしょ」
と思われるかもしれませんけど、本当にちょっと考え方を変えるだけで仕事は楽しくなるんですよね。

ほとんどの人は仕事の大変な面ばかり見てしまいますが、少し考え方をずらすだけで、楽しく、そして充実しながら働くことができるようになります。

業務用エアコンの設置工事は、そういう風に大変さを良い風に捉えることができるし、配管がうまくできた時の達成感などは何物にも変えられないくらいに気持ちの良いものなんですね。

空調設備業界はこれから無くなることもまずない業界なので、
⇨ 空調設備業界の将来性について。実は建設業の中でかなり将来性がある業界です!

ぜひ働いてみることをおすすめしますね。

 

ケイズエアシステムでは求人強化中!

八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムでは現在業務拡大に伴い現場で働いてくださる職人さんを募集しています。

経験者はもちろん、未経験者でも大歓迎です!

随時講習会なども行なっているので、初心者でも安心して仕事を始めることができます。

まずはお気軽に下記バナーからお問い合わせください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)