株式会社ケイズエアシステム

ブログ, 現場, ...

【未経験者向け】家庭用エアコンと業務用エアコンどちらの仕事から始めればいいの?【空調設備】

 

こんにちは!八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムです。

空調設備の仕事をこれから始める未経験の人がよく持つ疑問として、

業務用よりも先に家庭用の仕事をした方がいいんじゃないか?

というものがあります。

業務用は構造なども複雑だから、まずは構造などがシンプルな家庭用エアコンの設置工事から経験を積んで、そこから業務用に移ることも考えていこう、と。

このような考えを持っている人も多いと思うんですね。

そこで今回の記事では、

未経験者は業務用エアコンと家庭用エアコンの仕事、どちらから始めた方がいいのか?

ということでお話ししていきます。

結論から先に言ってしまうと、将来的に施設の業務用エアコンの仕事をしたい、仕事の幅を広げたいという気持ちが少しでもあるなら

最初から業務用エアコンの設置工事から始めた方が絶対に良いです

 

家庭用をやっているうちは業務用をできるようにはならない

他の空調設備関係のホームページやブログには、

「未経験者はまず家庭用エアコンの仕事から始めた方が良い」

ということがよく書かれています。

それこそ冒頭でお話ししたように、まずはシンプルな家庭用エアコンから覚えていった方が初心者でもスムーズですよ、という論調ですね。

エアコンの基礎からしっかり身につけて、それから業務用に移行していきましょう、と。

 

ただ、実はそれは大きな間違いで、

家庭用エアコンの仕事をしているうちは業務用エアコンの仕事ができるようにはなれません

業務用エアコンの仕事をしたいという気持ちが少しでもあるのなら、最初から施設などの現場の仕事をしていった方が絶対に良いです。

 

家庭用と業務用エアコンではやり方が違う

家庭用エアコンと施設の業務用エアコンでは、そもそも「やり方」というものがかなり異なってくるんです。

家庭用エアコンの場合は構造がかなりシンプルで、エアコンと室外機を設置して、ホースをつなげば設置が完了します。

 

ただ業務用エアコンの場合は事情がかなり変わってきて、そもそも施設の場合はエアコンと室外機の距離が非常に離れているんですね。

なのでエアコンと室外機を繋ぐ「配管」というものをしていく必要があります。

施設によって天井の構造なども大きく変わってきたり、他の既設線のことを踏まえながらどのように配管をしていくのか考えたり、配管を曲げたり繋げるための溶接も必要になってきます。

施設の業務用エアコンの仕事内容については、こちらの記事で詳しきお話ししているのでぜひ合わせて読んでみてください。
⇨ 施設の空調設備工事の現場ではどういう作業をしていくの?

また、一部流用可能な工具もありますが、使う工具も違ってくるため家庭用のものに慣れてしまうと、業務用エアコンの工具に慣れるまでに苦労してしまうことも考えられます。

 

最初から業務用エアコンから始めた方が仕事の吸収率が良い

未経験でこれから空調設備業界に入りたいと考えられている場合は、最初から施設の業務用エアコンの仕事から始めることをおすすめします。

やはり多くの人は「徐々に経験を積んでいこう」と構造がシンプルな家庭用から始める傾向にあるのですが、これまでお話ししたように家庭用と業務用では構造が大きく違ってくるので、家庭用エアコンの仕事をしているうちは業務用の仕事ができるようにはなれないんです。

 

英語の学習などでもそうですが、英語を会話ができるくらいに習得したいと考えたときに、多くの人はまず単語を覚えたり、英会話スクールに通って基礎をしっかりさせてから会話ができるようになっていこう!という風に考えます。

ただそれだといつまで経っても(まだまだこんなんじゃ実際の会話なんて無理だ・・・。もっと勉強しないと!)と勉強するというところからなかなか抜け出せないんです。

英語で会話ができるようになるために一番有効なのは、
英語で会話する必要がある環境を作り出してしまう
ということなんですね。

それこそ思い切ってアメリカに住んでしまうとか。そこまではいかなくても外国人と実際に会って話しをするのが一番早いんです。

習うより慣れろ」で、実際に経験を積んでいった方がやるべきことも明確になったり、学習効率も上がるのでスキルが身につくスピードも早くなります。

 

それは空調設備の仕事でも同じことが言えます。

家庭用エアコンを覚えてから業務用の仕事を始めよう!と思って家庭用エアコンの仕事から始めてしまうと、そこから抜け出すのが難しくなってくるんですね。

作業自体も業務用とでは異なってくるので、どれだけ家庭用の仕事の技術を磨いても、いつまで経っても施設の仕事をすることはできません。

最初から業務用エアコンの仕事から始めることで、業務用エアコンが自分にとっての「当たり前」になります。

業務用ができるようになってしまえば、家庭用の仕事にも応用が利くので仕事をこなせるようになっていくんですね。

これから空調設備の現場で働いていきたいと考えている場合は、施設の業務用エアコンの仕事から始めた方が、その後の仕事の幅がものすごく広がるし、自分にとって大きなプラスになってきます。

 

最初に業務用エアコンから始めるのがおすすめ

あなたがもし今空調設備の仕事が未経験で、これから始めたいと考えているという場合はぜひ「業務用エアコン」の仕事から始めることを強くおすすめします。

業務用の方が工程が複雑で難しく、溶接の免許なども必要になってきたりしますが、だからこそ技術が磨かれるスピードも早くなるし、家庭用の仕事もできるようになるのでできる仕事の幅が大きく広がってくるんですね。

業務用が自分の中の「当たり前」になれば、空調設備の仕事はなんでもできるようになります。間違いなく今後有利になってきますからね。

 

ケイズエアシステムでは求人強化中!

八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムでは現在業務拡大に伴い現場で働いてくださる職人さんを募集しています。

空調設備の仕事が未経験だという方でも大歓迎!

講習会なども随時行っているので、しっかり空調設備について学んで現場で働くことができます。

弊社は施設の業務用エアコンを主に施工しているので、腕を磨くにはまさにうってつけだと思います。

これから空調設備の仕事をやっていきたい!という方はぜひお気軽に下記バナーからお問い合わせください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)