株式会社ケイズエアシステム

ブログ, 現場, ...

空調設備の仕事で独立するために絶対に必要な「4つの要素」とは?

 

こんにちは、八王子の空調設備会社ケイズエアシステムスタッフです。

今回の記事では

空調設備の仕事で独立する際に必要なこと

ということでお話ししていきます。

空調設備の仕事をやる上で、やはり一つの目標にしたいのが「独立」というものですよね。

会社に属してそこで一生懸命働いて行く、ということももちろん素晴らしいことですが、独立をすることで大幅な収入アップが狙うことができます。

一人親方として独立するのでもいいし、自分で会社を運営していくということで、従業員とはまた違ったやり甲斐もあったりしますね。

 

独立を考える上で、従業員でいるうちにぜひやっておきたいことについて、今回はお話ししていくので、

「将来的に空調設備の仕事で独立を考えている」

という方はぜひ参考にしてみてください!

 

独立前に用意したいもの1:車

というものは、独立をする上でまず準備しておきたいものになってきます。

仮に仕事を請け負えたとしても、現場に行くための「車」が無いと仕事をすること自体がかなり困難になってきます。

資材を運ぶのにも、絶対的に必要ですからね。

 

車が必要なのはわかるけど、どんな車が良いの?

と思われるかもいるかもしれませんが、まず避けたいのが”トラック”です。

トラックだと、荷台に道具や資材を置いた場合雨ざらしになってしまって台無しになる危険があります。

車内に置くにしても、トラックだとスペースがかなり限定されてきてしまったりとかなり不便なんですよね。

 

空調設備の仕事で独立する上で用意しておきたい車としては「ハイエース」や「キャラバン」がオススメですね。

空調設備の仕事を請け負っている会社のほとんどは、これらの車を使用しています。

空調設備の場合はエアコンといった精密機械も扱うので、ハイエースやキャラバンであれば車内にエアコンを収納して運搬することができますからね。

空調設備の仕事で独立を考える場合は、「ハイエース」や「キャラバン」といった車を用意する、というのが1つ目の大きなポイントです。

 

独立前に用意したいもの2:道具

空調設備の仕事を既にやっている方であればわかると思いますが、工具も独立する際には全て自分で用意する必要があります。

現場で使っているものに関しては確実に用意しておきたいですね。

こちらで必須の工具についてご紹介しておくと、

腰道具のカッターやスケール、スパナ、パイプカッターなどの道具、あとは電動工具類などになってきます。

 

現在会社に属して働いている、もしくは今後働くという場合は基本的に工具類は会社の所有物になってくるので、独立する際に改めて自分で購入する必要がありますね。

もしかしたら「独立祝いだ!!」と工具類をプレゼントしてくれる太っ腹な会社もあるかもしれませんが(笑)

基本的には自分で用意すると考えておいた方が良いと思います。

 

独立前に用意したいもの3:資格

資格も独立する前にぜひ取得しておきたいですね。
空調設備の現場で使用する資格についてはもちろん取得しておいた方がいいです。

空調設備の現場で使う資格についてはこちらの記事でお話ししているのでぜひ参考にしてみてください。

⇨ 空調設備の仕事でどの資格を取得すれば年収UPが狙えるの?

 

また独立する際には管工事の建設業許可証を取得する必要があります。

管工事の建設業許可証を取得するには、

○1級、2級管工事施工管理技士などを保有する”専任技術者になれる人物
○法人の役員などを5年以上務めた経験を持つ”経営業務の管理責任者

この2つの役割を持つ人材が必要になります。

これは1人でまかなっても大丈夫なのですが、中には例えば管工事施工管理技士の資格は持っていても役員などの経験が無い、という方もいると思います。

そのような場合は経営業務の管理責任者になれる人を雇う、というのが建設業許可を取るための一番の近道になってきますね。

この建設業許可を取得できれば、もう独立は目前ですね。

 

独立前に用意したいもの4:会社、人との繋がりを作っておく

上の3つに加え、従業員の間にぜひやっておきたいのが「色んな会社の人達と信頼関係を築いておく」ということです。

従業員の場合は仕事は会社が持ってきてくれるわけですけど、独立した後はそうはいきません。
仕事を自分自身で探していく必要があります。

ただ何も人脈などが無い状態で仕事を探そうにも、かなり難しいんですよね。それこそ飛び込み営業でもしていかない限り最初はなかなか仕事が見つかりません。

 

なので、従業員であるうちに色んな会社の人達と信頼関係を築いておくんです。お客様としっかりとコミュニケーションを取ったりとか、同業会社の人達とも関係を築いておいたり。もちろん、現場仕事も手を抜かずにきっちりとこなしておく。

そのようにあらかじめしっかりと人脈を作っておくことができれば、いざ独立をしたとなった時に「実は最近独立したんですよー」と言った時に、仕事を斡旋してくれる可能性が高まりますよね。

あ、そうなんだ!おめでとう!じゃあ今度こういう仕事あるんだけど、よかったらどう?」という風に。

 

面白いんですけど、人に対する接し方であったり、現場での態度は絶対にどこかで誰かが見ているんですよね。
よくそういう話って聞くと思いますけど、あれは本当なんです。そういった頑張りなどは誰かが見てくれています。

会社に属している時にそういったある意味で「種まき」をしておくことが、独立する上では大切になってきますね。

 

あと空調設備の仕事での独立に必要なのは覚悟だけ

独立と聞くと、

独立できる人なんて、特別な人だけなんじゃ無いの?

ともしかしたら感じられるかもしれませんが、実際はそうでは無いんですよね。

空調設備の仕事に限らず、経営者の人は意外とどこか抜けた部分があったりして、突出して優れたものがあるというわけでは無いんです。
むしろ経営者よりも従業員の人の方が優れている、ということもよくあったりします。

 

独立する人や経営者、従業員を分けるものがあるとするならば、

覚悟

ですね。

独立して成功するために一番大切なのは、結局のところ「覚悟」です。

自分は独立して生きていくんだ!と、自分の中で強く覚悟をする。

覚悟さえできれば、自然と色々なものにアンテナを張り巡らしたり、考えを巡らすようになるんです。

それこそ今回お話ししてきたような内容のことを考えたりとか。

(こういうことをあらかじめやっておいた方がいいな・・・)

そういう”やるべきこと”が自然と見えてきます。

 

独立というものは決める前は非常に苦しいですが、一度決断さえできてしまえば後は案外楽だったりするんですね。

バンジージャンプのようなものかもしれません。あれも飛ぶ前が一番怖くて、飛んだ後はむしろ気分が良かったりします。

独立をすれば、例えば1人でやるという場合は利益の全てが自分に入ってくるので、確実に収入は上がっていきます。
会社の方針に従って嫌な仕事を無理にやる必要もありません。

 

「いや、自分はずっとこのまま従業員のままが良い!」

という場合は無理をする必要は全くありませんが、

従業員では手に入れられないような収入が欲しい!

自分で会社を経営してみたい!

個人で気ままに仕事がしていきたい!

という場合は独立を考えてみるのも非常に面白い選択肢だと思いますね。

 

またこちらの記事で「独立に向いている人の特徴」ということでお話ししているので、ぜひそちらも合わせて読んでみてくださいね。

⇨ 空調設備の仕事で独立が向いている人の大きな3つの特徴

 

ケイズエアシステムでは独立支援を行なっています

八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムでは弊社の職人になっていただいた方で今後独立をしたいという方に向けて独立支援を行っています。

1級、2級管工事施工管理技士といった資格を弊社の経費で取得することができたり、売上を爆発的に伸ばしていくための経営ノウハウや施工ノウハウも余すところなくお教えしているので、

「将来的に独立を考えている」

「近いうちに独立をしたいけど、今の環境じゃちょっと難しいかな・・・」

という方はぜひ下記求人バナーからまずはお気軽にお問い合わせください。

あなたがスムーズに独立するためのサポートをさせていただいているので。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)