株式会社ケイズエアシステム

ブログ

空調設備の仕事の繁忙期っていつ頃?【忙しい時期と忙しくない時期の違い】

 

こんにちは、 八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムスタッフです。

今回の記事では

空調設備の仕事の繁忙期はいつなのか?

ということでお話ししていきたいと思います。

空調設備業界には忙しい時期とそうでない時期があり、そのことをあらかじめ理解しておくことで仕事もうまくペース配分などを行なってできるようになりますからね。

空調設備の工事と聞くとやはり夏場が繁忙期で忙しそう、というイメージが強い方が多いと思いますが、実際のところはどうなのか。

ぜひ参考にしてみてください!

 

エアコンを多く使う夏場が最大の繁忙期

空調設備業界においての繁忙期というのは、やはりエアコンを多く使う夏場になってきます。

一般家庭のエアコンの取り付け、修理工事の場合は、夏前にエアコン購入が増えてくるためその分設置工事も多くなってきますね。

また新生活が始まる3~4月もエアコン購入の需要が増します。引越し先にエアコンがすでに設置されているケースも今は多いですが、引越しを機にエアコンを新調する人も多く、そこでの需要があります。

今まで使っていたエアコンを新居で引き続き使うという場合も工事自体は必要になってくるため、そこで取り替え需要もありますね。

なので個人宅のエアコン工事をする場合は、3~4月、そして夏場がかなり忙しい時期になってきます。

 

冬場はそこまで忙しくない時期

一方で冬場というのは、実は意外とエアコン取り付けの需要が少ないんです。今でこそ「暖房器具」としての立ち位置が少しずつ定着してきていますが、暖房機器はエアコンの他にもストーブやこたつなど数多くあるため、そこまでエアコンの立ち位置というのは夏場ほど強くないんですね。

なので冬場はエアコン工事の仕事も少なくなってきます。

 

施設の業務用エアコンの繁忙期について

空調設備の仕事は家庭用エアコンだけでなく、施設に設置する業務用の空調取り付け、改修なども大きな仕事となってきます。

施設の空調設備についても、ピークとなるのが夏頃から秋にかけてです。

施設の場合はお客様が快適に過ごされるためにとにかくエアコンをフル稼働させます。特に夏場はどこの施設に行っても今は快適に過ごすことができますが、その分エアコンを営業時間中はずっと稼働させています。

個人宅であればエアコンが仮に止まったとしても自分がしばらく耐えたり、扇風機を使うなどすれば良いですが、施設で万が一空調設備が止まってしまうとその施設の評判に直結してしまう恐れがあるので、とにかく気を遣う部分で工事の依頼も多くなってきます。

夏場は特にエアコンをフル回転させることで空調設備に負担がかかり、エアコンが止まってしまうといったトラブルが非常に起きやすくなる時期で、現場仕事の依頼も多くなってきます。

そのため夏場はかなり忙しい時期になってきますね。

 

施設の新設工事の現場にはバラツキある

そして施設が新しく建設される際にも、空調設備取り付けの需要が出てきます。

ただ施設の工時期に関してはばらつきがある為、こちらは年中仕事は舞い込んできますね。

 

施設の中で学校などは空調設備の環境が整っていないところが、特に公立の小学校や中学校ではまだまだ多くあります。

そういった学校の空調設備を増設する工事に関しては、熱中症などを防ぐためにやはり夏場が本格的に始まる前に工事が行われることが多いですね。

なので施設の空調設備の仕事の場合は、比較的途切れることなく仕事はあります。公立小学校、中学校などの既存の施設の設置工事や、修理の仕事に関しては、夏場に集中することが多いので繁忙期になる、ということですね。

 

個人宅メインか施設メインかで忙しさが変わってくる

空調設備会社には「個人宅」をメインに取り扱っている会社と、「施設の空調設備」をメインに請け負っている会社があります。

施設の空調設備工事をメインにしている会社でも個人宅の設置工事を請け負うことはありますが、その場合はごくごく少数になってきますね。

施設の空調設備工事メインの会社で働く場合は、もちろん夏場が繁忙期になってくると思いますが、施設の空調設備新設工事は比較的時期にバラツキがあり、年中通して仕事がある状況の場合が多いです。

なので極端に一定の時期に暇になるということがないので、途切れることなく働ける可能性が高いです。

 

個人宅のエアコン取り付けや修理工事をメインに扱っている会社で働く場合は、とにかく夏場が繁忙期になってきます。それに加えて新生活が始まる3~4月ですね。

エアコン取り付けや修理など、とにかくその2つの時期が忙しい時期になってきますね。

一方で夏場や新生活が始まる3~4月以外はそれほど忙しくない時期が続きます。忙しい時期と忙しくない時期の差が施設の工事と比べて大きい、というイメージです。

 

そのように、空調設備の現場で働く場合は「その会社がどういった工事をメインに扱っているのか?」ということをあらかじめ調べておくのも重要です。

メインが個人宅か施設かで繁忙期の時期や忙しさというものも変わってくるため、かなり重要なポイントになってきます。

また、個人宅の仕事を主にやりたいと思っていたとしても、施設の工事メインの会社に入ってしまうとなかなか個人宅の仕事ができないということが起きてきてしまいますからね。

自分はどう行った現場で仕事をしていきたいのか

なるべくそこまで繁忙期が集中していない会社で働きたい

といった条件から働く空調設備会社を選ぶと良いですね。

 

ケイズエアシステムでは求人強化中!

八王子の空調設備会社、ケイズエアシステムは主に「施設の空調設備工事」を請け負っている会社です。

95%が施設の空調設備新設工事や改修工事を行っています。

「なるべく施設の空調設備の現場で働いていきたい!」

という方はぜひ弊社へお問い合わせください。

現在事業拡大に伴い求人を強化しており、経験者の方はもちろん未経験者の方でも大歓迎です。

現場で主に20~40代の方が中心に活躍されています。

弊社で働いてみたい、または興味があるという方はまずはお気軽に下記バナーからお問い合わせください!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)