ブログ, 空調設備

業務用エアコンは、定期点検が義務付けられている? 罰則もある!?

業務用エアコンは、定期点検が義務付けられている? 罰則もある!?

こんにちは、八王子 エアコン工事 空調設備工事会社、株式会社ケイズエアシステムです。

今回の記事では、

業務用エアコンは、定期点検が義務付けられている?

ということで、店舗やオフィスに業務用エアコン(ビル用マルチ・店舗用パッケージエアコン問わず)を設置しているオーナー様必見情報です!!

点検なんてしたことない!

壊れてから、連絡すればいいんじゃないの??

でも、夏場に突然壊れたら、仕事に支障が出る!」

と心の中でつぶやいた方は、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです!

業務用エアコンの定期点検って、何??

簡単に言うと、定期的にフロンガスが漏れていないかチェックして!!という事。

フロンガスって? 漏れてるかチェックしろ? どうやって?・・・となると思いますが、

実は、業務用エアコン(7.1kw以上の機器)が設置されている方に、義務付けられているものです。

では何をどうやって点検するの?という事ですが、

まず、エアコンを冷やしたり、温めたりするために、「フロンガス(代替フロン)」というものが使われています。このフロンガスは、大気に放出されると、二酸化炭素とは比にならないほどの地球温暖化を招く威力があります。

経年劣化や周辺環境の変化で、フロンガスが漏洩していないかを、所有している方・管理している方が、3か月に一回、目視や触診などで、点検してくださいというものです。

点検は、義務付けられています!!

今まで、点検をしなかったからと言って罰則を与えられた方はいませんが、上記に記載したように、二酸化炭素とは比にならないほどの地球温暖化を招く威力があります。

普段使っているときから、異常がないか(エアコンの効きが弱くなってきていないか?など)を点検することで、察知する事が出来ます。その結果、漏洩を防いだり、故障を未然に防ぐことが期待できます!

定期点検では、罰則を受けた方はいませんが、フロンガスの取り扱いにおいて、管理者である東京スバル株式会社と建物解体業者である有限会社興建総業をフロン排出抑制法違反で警視庁が東京地方検察庁立川支部へ書類送致という、事案も出ていますので、フロン製品の撤去や処分は、専門業者にご依頼ください!

もっとも簡単な対処方法!!!!!

そうはいっても、3か月に1回点検するのを忘れそうだし、具体的にどこを目視で見ればいいの?

という方は、ダイキン工業の機器だったら、簡単に解決!!

ダイキンアシスネットサービスに加入すると、月々600円/系統で、3か月点検をお知らせしてくれて、お客様自身で、簡易点検が容易にできるサポートもしてくれます。もちろん、サービスマンに依頼することも可能(有償)。しかも、点検データや、運転データを、クラウドで、ダイキンがデータ保管してくれ、尚且つ異常を感知した場合はメールでお知らせ!!故障による不動状態を未然に防ぐことが期待されます!

店舗やオフィスが真夏に故障して、大変な思いをすることがなくなるかもしれません!!

もしご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください!!042-683-3534(ケイズエアシステム 空調担当)

ケイズエアシステムでは職人様募集中!

八王子の空調設備会社、株式会社ケイズエアシステムでは現在業務拡大に伴い空調設備の現場で働いてくださる職人様を募集しています。

経験者はもちろん優遇しますし、現場未経験という方も大歓迎です!
講習会などを随時行っているので、安心して現場に入っていただけます。

弊社で働いてみたい!という方はまずはお気軽に、下記バナーよりお問い合わせください!

 

メールマガジンで空調設備情報をゲット!!

株式会社ケイズエアシステムでは、メールマガジンを定期的に配信しています。
ケイズエアシステムのメールマガジンは

・エアコン(個人,法人)施工に関する技術やノウハウ提供
・空調設備に関する材料や機器の業者向け格安販売のご案内
・ケイズエアシステムが受注している案件情報の共有
・エアコンに関するメールマガジン読者からのご質問の受付と返答
・協力業者様募集のご案内
・採用に関するご案内

等の情報を定期的に配信しています。ぜひ奮ってご登録ください。
※ツクツクメールマガジンにリンクします。
ご登録方法がわからない場合はお気軽にお問い合わせからご相談下さい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)